「テラハ」に出演していた女子プロレスラー木村花さんが自殺した件に対し、YYYOKOOOさんが出した動画を見て、私が感じたこと。

「テラハ」に出演していた女子プロレスラー木村花さんが自殺した件に対し、YYYOKOOOさんが出した動画を見て、私が感じたこと。

私は、あまりネガティブな内容は発信したくはないのですが・・・。
ここ数年は、そうする事を意図的に避けていると思います。

というのも、私も生まれつき感受性が非常に強く、0才の頃から、夜になると泣くような子でした。
自分の感受性のコントロールが出来るようになったのは、私が心理学を学んで、サーファーのように、その波に乗る方法を見つけてからです。

感受性は、時によって身を亡ぼします。
自分の理性と、本能が、全く別物のように動き、人生を邪魔するのです。
しかしながら、これは一つの能力。
多くの人が感じないエネルギーを感じ取ることが出来ると言う事。
上手く利用すれば、多くの場合、芸術面で役に立ちます。

私が40日の断食道場へ修行へ出た時、師匠が私に言ったことがありました。
「力は使うもんや。自分の持つエネルギーに振り回されとるわ。」

全ての人が、それぞれに生まれ持った能力があると思います。
私のように、感受性が高くないからといって、能力が無いわけではなくて、
つまり、「無い」と言うことが「在る」ということ。

勾玉です。

飛び出たモノだけが個性ではありません。
欠けている。それもまた、個性なのです。

私は、人の感情をダイレクトに受けてしまうところがあり、
カウンセラーとしての活動をストップしたのも、それがあったからです。
今は、自分の特性を理解し、ネガティブな内容を取り込む量を自分で調節しています。
それは自分を守る為の知恵であり、自分としてこの次元で生きていく為に必要な事でした。

YYYOKOOOさんの動画は、時々拝見させてもらっています。
今回の動画で彼女が言っていることは、とても人間らしく、自分の分析をしていて、素晴らしいなと思ったので、シェアしました。

私も、彼女と同じように、どん底へ落ちたことがありました。
中学の部活動ではキャプテン、最後の総体では準優勝。総合選抜校に合格し、最優秀クラスの理数科へ入りました。

自慢するつもりはないですが、高校での全国模試も理系クラスで常に成績は10番内で、高校1年生から生徒会の書記として入り、校内で4人だけのリーダー研修にも参加していました。

そんな私だったもので、いじめはつきものでした。
目立つ人間は、中途半端に生きている人間からすると、目障りになるのでしょう。
彼らは、自分の命(時間)を削って他人を引き下ろそうとしてきます。

一生懸命に頑張りたい、が、頑張れない人間は、頑張っている人間を何とかして引き下ろすしか、自分が上に立つ方法がないからです。
頑張れる人間は、他人の足を引っ張っている暇なんてないはず。
自分自身が高みに立つために、日々、1秒1秒努力をするだけです。

私の徳島での人生は、いじめがつきものでしたが、
YYYOKOOOさんと同様に、私もいじめが原因で、死にたいとか、消えたいとかは、思ったことはなかったのです。
おそらく私も、彼らが私に実力(学力・努力)では勝てないから、そういうこと(いじめ)をしているんだろうと思っていました。

そんな私が、なぜ16歳の時から「消えたい」と思うようになったのか。。。
それは自分にがっかりしたことが原因でした。

ずっと自分の人生は大きな失敗という失敗はしてこなかったし、
頑張れば、努力すれば、自分の欲しい結果が手に入っていました。

が、それは子供の頃だったからです。
社会に出ると、努力は簡単に裏切りました。

自分が価値のない人間に思えて、
自分で自分を評価出来ないので、
他人からの評価を得ようと必死になっていました。

他人から評価を得たいがために、自分が自分ではなくなっていきました。
そうしていくうちに、自分を失い、もっと自信を喪失していったのです。
それが、心理学のメカニズムの一つでした。

自信とは
「自」分を「信」じると書きます。

自分が本当に良いと思ったことを信じられないで、
他人が良いと思ったことを信じていては、
いつまでたっても自信は育たないのです。

「信じる」ということ。
その本当の意味は「裏切られたとしても、信じた自分を信じる」ということ。
それが理解出来るようになるまで、社会での経験、メンタルの訓練が少しいるかもしれません。

ただ、訓練することを諦めないで、自分を信じる努力をしてほしいですね。
それが出来るようになった時、本当の意味で、自分の人生を生きられるから。

ちょうど、先日の私の教室で、子供達にも話した内容と被りますが、

自分を表現すると言う事。
それは、何も間違いではないから、
今後、ダンスをして、目立って、
友達から冷やかされたり、何か言われるかもしれないけど、
だからって、自分が変わりたいと思ってないのに、自分を変えようとする必要はないってこと。
自分が変わりたいと思った時、その時があなたの変わるタイミング。

だから、誰に言われようが、
自信をもって今の自分を表現してほしい。