1日目のレッスン

NYダンス留学ってどんな感じなの?という質問も多いので、私の体験談をつづっていこうかなと思います。
今年はコロナウイルスの影響で、今までにない、異例のオンラインで受けるダンス留学になりますが、
リアルタイムでのズームレッスンの事はもちろん、過去にLAやNY現地での知っておいた方が良いよ!
という情報なども前から自分の記録としても残しておきたかったこともあったので、ぼちぼち書いていこうと思います!

まず、私がダンス留学先の学校として選んだ学校は・・・

Peridance Center

ぺリダンスセンターです。ニューヨークと言えば、韓国や日本アーティストが習いに行くことでもTVで取り上げられるので、また、YouTubeも学校側が沢山の動画をアップしているので・・やっぱりBDCが一番有名じゃないかと思うのですが、
というか、そもそも私がNYへ行く目的がBDCのある先生に習いたかったという7年越しの思いでだったのですが・・・
何故BDCじゃなく、ぺリダンススクールを選んだのかというと・・・

理由その1>>>
私が習いたい先生がBDCではなくPeriに所属していた

理由その2>>>
どちらかというとバレエ系に強い学校なのでコンテンポラリーのクラスが多い

理由その3>>>
知る人ぞ知る、的な学校なので生徒数が少ない

などなどの理由からこちらのスクールに決めました☆

1日目

約23時からコンテンポラリーを学びました。
ちなみに、徳島のスクールでは1時間が1レッスンになっていますが、通常、1時間30分のレッスンです。
こちらのクラスは、入学が許可された学生のみのクラス(これをクローズドクラスと呼びます)なので、一般の方が見ているスケジュールには記載がないクラスになります。

これが凄く勉強になるクラスでした。やっぱりコンテンポラリーって楽しいです。崩しているのに美しい…というこの微妙なバランスが何とも言えない!!!そして、流石にちゃんと大金を払って入学している生徒用のクラスだけあって、かなり丁寧に詳しく、身体の内側から動かしていくことを教えてくれます。1年後が楽しみです(*^^*)


10分の休憩を挟んでからは、ジャイロキネシスのクラスです。
こちらは踊るクラスではなく、自分の身体を学び、育てていくエクササイズのクラスです。
YouTubeで検索すると色々ありますが、個人的に参考になるものを下に載せますね。

日本では、やっているスタジオあるのかな?
カラダのバランスを整えるのに良いクラスだと思います。
ダンサーにとって、左右のバランスなどはとても大事ですね。これがスポーツ選手との違いだと私は思っています。
私は中学校の時に卓球をやっていたのですが、そのせいで左右のバランスがかなり悪くなってしまい、踊る時に強い方の足に負担をかけすぎて、膝を痛めて、全治2年とドクターから言われました。LAで友達に「筋肉のバランスが悪いことが原因だよ。」と言われるまで、あまり気にしてなかったのですが、確かに海外では、左右の筋肉バランスを整える為に、沢山のダンサーが専属のトレーナーをつけています。それくらい、ダンサーにとって左右のバランスがとれている事って大事なんだと学びました。

例えばですが、右の筋肉が強ければ、右の筋肉の方が収縮しているので、だんだん骨盤がずれてきます。骨盤がズレてくれば、足の長さも変わります。ターンの多いダンスをする場合は、骨盤のズレは致命的です。

次に受けたのがジャズのクラスです。こちらはいつも通り♪
楽しく踊れました!

さて★今日は徳島のダンス教室にて、キッズコンテンポラリー、テーマパークジャズ、バチャータ、ヒールズのクラスです!その後はニューヨークタイム!!ヒップホップ、ポッピング、コンテンポラリーの授業。
ばてないように頑張ろう;