オンラインダンス留学1週間経過と個人面談

学校が再開して、一通り1週間のクラスを受講し終えました。
詳しくはこちら

今日は朝8時(日本時間)から個人面談でした。
私を担当してくれるコーディネーター(学校の担任みたいな存在)と、今後、自分がどういったダンサーになりたいか、など、ゴールの設定をしたり、時間割を立てていきます。
そもそも、ダンス留学というものは、ダンストレーニングと呼ばれたりもしているのですが、
スポーツジムでパーソナルトレーナーをつけて、トレーニングをしてパワーアップする、みたいな感じだと思ってください。

東京・スクール・オブ・ミュージックでも同じでしたが、専門学校なので単位をとる必要があって、決められた時間数の授業を受けていないと、お呼び出しをくらいます(笑)
この授業の振り分けに関しても、自分の好きなジャンルだけを選ぶことは許されていないので、ストリート系、バレエ系、その他のオープンクラス、をバランス良く学ぶ必要があります。
小学校で「私は国語の先生になるから、数学の授業は受けないわ」なんて選択肢ありませんよね?(笑)
それと同じです。

1週間、仮眠を上手に取りながら、学校と仕事の両立をしました。
やってみた感想。

意外と、いけるんじゃない?(*^^*)

それもそのはずで、よく考えてみると、学校が無い間も自分で教材を見つけてチャレンジしていたので、その時間を学校の授業で学んだことにすれば良いというだけで、踊っている時間帯はトータルして変わらなかったことに気付きました。
違うのは、チャレンジすることが決められているので、教材を探す時間を節約できるということと、
自分の好きなジャンルや踊り方だけに偏らずにレッスンを受けるので、サボっていた筋肉たちが悲鳴を上げると言うことです(笑)
お陰様で、帰国後初の筋肉痛を得ました。

あとは、昼夜逆転・・・というか、今はどうしても昼間も起きて練習をする癖がついているので、昼間も起きてしまい、2~3時間の仮眠を2回とる、みたいな生活になってしまっています。
これを、きちんと昼夜逆転させなければ!!

レッスンは、純粋に楽しいです(*^^*)
やっぱり自分と違う人間のレッスンは為になります。
そして、しばらく忘れていた生徒の間隔を思い出して、じーん・・・青春!!

そういえば、こないだ「先生のゴールってどこなんですか?何かしたいことがあるんですか?」と聞かれました。これ、よくある質問の一つなのですが、
私は常に今やりたいことを今やっているだけなので、ゴールにいるといえば既にゴールにいます。
ただ、死ぬまで何かを学び続ける事、新しいことに興味を持つこと、そして挑戦し続ける事、は変わらない姿勢でありたいと思っています。
なぜなら・・・それが若さの秘訣!!だと信じているからです(笑)

一生、心は17才!!!

南沙織ー17才・・・

レッスン動画は、一部YouTubeに既にあげてありますので、興味がある方はYouTubeをチェックしてください。

では、今日も素敵な一日を。