チャレンジとくしま芸術祭2021

感動した次の日が、いつも通りの日常なことに、いまだに慣れない感じ(笑)


今回のパフォーマンスは、全員の成長が見ることが出来たと思います。
それぞれあった課題を、精一杯やり遂げたと思います。
よく頑張りました!!!

明日のYouTubeにて、私からのメッセージ付きで(笑)公開予定。
向こうでの撮影されたものは、中央テレビにて放送されるらしいです。
また、グランプリの発表は、来週の日曜日ということ。
グランプリじゃなくても、私たちにとって100点満点の舞台でした。
それは、もちろんこのステージを用意してくださったスタッフの方、綺麗に清掃してくださる方がいるから。なので感謝です。

チャレンジとくしま芸術祭2021

今回、私はパフォーマンスの最初から(9時半ごろ)居座って、他の方の芸術作品を堪能していました(笑)
というのも、私にとっては17年ぶりの徳島。
どんな人が住んでいる県なんだろう?っていう好奇心が凄く大きくて。

徳島県は、四国の中でも芸術・・・と言うとどちらかというと、あまり盛んではないと聞きます。
東京でいる頃から、松山、高松の方が、断然耳にする機会が多く「阿波踊り」ですら、徳島県だと知られていなかったりして、
凄く知名度が低い。

そんなところに今、私は住んでいて、今、私は芸術をしている。
他に、どんな人が、どんな芸術をしているのか・・・朝からワクワクワクワク!!!が止まらなかった。
.
.
.

着いて、一発目から、凄い世界を見せてもらいました。
ちょっと怖かった。けど、面白かった。
最初だから、観客も少なかったので、勿体ないなーと思いました。
こういう自分が持っていない世界観に触れる時間って、勉強になるから、皆も来ればよかったのに~!

続いて、ハーモニカ。優しい音色に癒されました。
さすが、老人ホームで活動しているグループ。
一発目とは全く違う世界観に引き込まれて、ギャップが心地よかったです。
舞台まで、皆で仲良く、一生懸命に練習をしてきた姿が目に浮かびました。

3つ目は、玉すだれ。何それ?って感じで、私は何も知らなくって。
玉と言うんだから、すだれで球を流すの??と思っていたら、琉球で見たようなきらびやかな衣装をまとった方たちの登場。
驚いたのは、82歳の方が凄く元気よくステージに立っている。
よく見ると全員がかなりご高齢の方ばかり。
徳島って、こんな元気で陽気なおばあちゃんがいっぱいいる街なんだね。

私はここで、控室へ行かなくてはいけなくて、
玉すだれを最後まで見えませんでした。

控室へ行くと、生徒全員の顔つきが、今までと全然違うことに気付きました。
一言で言うと・・・自信があった!

それだけ、練習を重ねたからだと思います。
舞台では、通常の力の半分くらいしか、発揮できなくて普通です。
いつもの床じゃないし、沢山の人が見ている。
だから、それでいいと思います。
ダンスが50%の力しか発揮できなくても、100%の自信をもって舞台に立てることの方が大事

この舞台の為の用意だけど、そうじゃない。
本当は、ゴールに達するまでの期間が私たちにとっての財産。

そして、本当の意味でスタートラインに立つためにこういう機会があると思います。
舞台に立って、今の自分の実力を知る。
ここを区切りに、さて、明日はどこまでいけるだろう?
来週はどこまで行けるだろう?
次の舞台は?

っていうこと(^^)

それを考えると、毎日のきつい練習もワクワクする。
私だけ?
そうじゃないことを祈る!

未来は広がっているし、ていうか私たちには未来しかないんだよ(笑)