EUフォンデアライエン委員長 EU議会での演説

素敵だと思った演説の自分用メモ

EUフォンデアライエン委員長 EU議会での演説


【全文】

ヨーロッパに戦争が戻ってきました。
バルカン紛争からおよそ30年。
プラハやブダペストにソ連の戦車が入ってきてから50年あまり。
警報が再びヨーロッパの首都に鳴り響きました。
何千人もの人が爆撃を恐れて地下鉄の駅で夜を過ごしています。
手を握り合ったり、声を殺して泣いたり、互いを元気づけようとしたり。
車列がウクライナの西の国境に向けて延々と続いています。
燃料がなくなった人たちは子どもを抱き、リュックを背負い私たちEUに向けて歩いていきます。
彼らが私たちEUに逃れてくるのは祖国がもはや安全ではないからです。
ウクライナ国内ではおぞましくも死者の数が増えていっています。
男の人、女の人、子どもたちがまたもや、命を落としています。
外国の指導者であるプーチン大統領が、彼らの祖国、ウクライナには存在する権利がない、と決めつけたからです。
そんなことは絶対にさせません。そんなことは絶対に許容しません。

みなさん、これはヨーロッパにとって正念場です。
これは法の支配と、銃の支配の衝突です。
これは民主主義と、専制主義の衝突です。
法の下の秩序と、むき出しの暴力が支配する世界の衝突です。
我々が今、ロシアの振る舞いにどう対応するかが将来の国際システムを決定します。
ウクライナの運命は危機に瀕していますが、我々自身の運命もぐらついています。
我々の民主主義に宿る力を見せなければなりません。
自らの道を自分で自由に選ぶ民衆の力を見せなければなりません。
これこそが我々の「示威行動」なのです。
もしプーチンがEUの分断、NATOの弱体化、国際社会の破壊を狙ったのだとしたら、結果は真逆となりました。
我々はこれまでになく団結し、この戦争に立ち向かいます。この戦いを克服し、勝利します。
ヨーロッパは団結しています。そして団結し続けます。
みなさん、この経済制裁が我々の経済にも影響を与えることは十分認識しています。
私にはわかっています。
ヨーロッパの人たちに正直に申し上げます。
私たちは2年間のパンデミックを耐え忍んだあと、社会と経済の回復に集中したいと思っていました。
でもヨーロッパの人たちは、この冷酷な攻撃に立ち向かわねばならないということをよく理解していると思います。
そう、我々の自由はタダではありません。
でも、今は決定的な時なのです。我々は喜んでコストを支払います。
なぜなら自由はプライスレスだからです。
これは我々の原理原則です。自由はプライスレスなのです。

ウクライナの人たちは自由の灯をかかげています。
私たち全員のためにです。
彼らはとてつもない勇気を見せています。
彼らは自分たちの命を守っていますが、同時に普遍的な価値観をも守っています。
そしてそのために死ぬ覚悟ができています。
ゼレンスキー大統領とウクライナの人々には本当に刺激を受けます。
前回、話をしたとき、ゼレンスキー大統領は再度、ウクライナの人々が私たちEUに入ることを夢見ていると語りました。
今、EUとウクライナの距離はこれまでになく近くなっています。
道のりはまだ長いです。まずはこの戦争を終わらせなければなりません。
そして、次のステップについて話し合うことになります。
でも、ここにいる皆さんの誰一人として疑わないでしょう。
ヨーロッパの価値観のためにこんなに勇敢に立ち上がる人たちが私たちヨーロッパのファミリーに属する、ということを。
だからこそ、みなさん、私はこう言います。
ヨーロッパに栄光あれ。
自由で独立したウクライナに栄光あれ。
(ウクライナ語で)我々は貴方たちと共にある。ウクライナに栄光あれ。
(02日21:18)

ケニア マーティン・キマニ国連大使のスピーチ


【抜粋】

この状況は我々の歴史と重なるものがある。ケニアとほとんど全てのアフリカ諸国は帝国の終えんにより誕生した。
我々の国境は我々自身が引いたものではなく、遠く離れた植民地本国のロンドン・パリ・リスボンで引かれたものだ。いにしえの国々への配慮もなく、彼らは引き裂いた。
代わりに、我々は継承した国境線で妥協することで合意したが、今も大陸規模での政治・経済・法的統合を追求している。危険な懐古の情を抱えたまま、歴史への逆行のように見える国づくりよりはむしろ、我々は多くの国々、そして人々の誰もがこれまで知らなかったような偉大なものへ目を向けることを選んだ。
倒壊したり手を退いたりした帝国から形成されたすべての国家は、近隣諸国の人々との統合を切望する人々を国内に抱えていることと思う。これは当たり前のことで理解できる。結局のところ、同胞と一緒になったり、共通の目標を持ったりすることを望まない者がいるだろうか?
だがケニアは、そのような望みを力によって追求することを拒否する。新たな形態の支配と抑圧に我々を突き落とさない方法で、我々は死んだ帝国の名残からの回復を完遂しなければならない。

ウクライナ国会議員 Kira Rudik

ウクライナの女性たちは本当に男性と肩を並べ、家、家族、都市や国を守るために必要なことをしたいのです。なぜなら、ロシア兵が何をしてくるのか、わかっているからです。子供たちを見ると、既に空軍の攻撃のサイレン音に反応し、地下に逃げています。このように指の本数で血液型を示すように幼児に教えていますが、恐ろしいことです。ウクライナの新しい世代は戦争が何かを知ることになり、とても腹正しいです。そしてそれは一生消すことが出来ません。プーチンが代償を払わなければならないことなのです。しかし、今は国の為に自由の為、価値観や生き方の為、私たちは戦います。私たちはこの戦争を望んでいなかったし、彼に頼んだこともありません。ただEUに入りたいと言っただけです。私たちは民主主義の国ですので、私たちのやり方があります。構わないでほしいのです。