ロシア人=プーチン?|分かりやすく政治の解説をします

私にはウクライナにもロシアにも友達がいます。二人から送られてくる動画に胸を痛めています。
いつものように踊る気持ちにはなれず、何かできることないのか、探す日々です。
そんな中、ロシア人=プーチンと批判する声もあります。
ロシアでの選挙が、正しく行われているか、それは分かりません。

今起きている戦争を、一般市民がどうこう出来るのか・・・
出来るとすると、ロシア市民くらいだと思います。
24日から、ずっと考えていましたが、日本の一般市民に出来ることは、少ないです。
考えているうちに、「今起きている戦争をどうこう出来る力はないけど、未来のために、戦争のない平和な日本であるため、一般市民がもっと積極的に政治に参加をしていくことが大事」だと感じはじめました。

日本は民主主義国家ですので【国の政治に国民は参加をしている】というのが基本としてあります。
万が一、日本の政治家が他国に何か悪いことをしてしまった場合、
それは日本国民が責められる立場となります。

日本の政治離れは、深刻だと聞きます。
選挙の仕組みは難しくはありませんが、難しい言葉で書かれていて、
分かりずらいと思いました。
なので、出来る限り分かりやすく作ることに努力しました。

自分の声を、出来る限り政治に反映させていくために、
適当に人を選ぶのではなく、日頃からどういう政治家の人を選べば
日本が良くなって、私たちが住みやすい国になるのか、
日頃から考えていく必要があると思います。

————–
ところで、、、
本日のニュースで、ゼレンスキー大統領が「今から死んだひとはNATOに殺された」って言うのを聞いて、正直・・・がっかりしました。
それを言ったら、親を殺された子供たちが、またヨーロッパを恨んで、戦争になるかもしれないからです。

恨みはどこかで断ち切らないと、戦争は終わらりません。

【こうなる前に、自分が食い止める方法は、何か無かったのか?】

そっちも大統領として考えた方が良いのではないでしょうか。

過ぎた時間は戻りません。過去から何を学ぶか。っていうのが大事です。
プーチンは、確かに沢山の人を暗殺している、危険な人物。
ですが、森元首相とは仲良かったし、阿部元首相だって仲良かったのです。

森元首相の時は北方領土問題も良い方向へ向かっていました。
そういう危険な人を怒らせないように上手にやっていくこともトップに立つ人間の仕事です。

私たちには、国内を良くしてくれるトップも大事ですが、
外交も上手にやっていける人を選ぶことが国を守ることになると感じました。