師走

こんにちは、ChikaDanceNetのちかです。
【師走】いよいよ今年も12月に入り、朝、洗濯物を干しに行くのが辛い時期となりました。
しかし、朝早く起きて、部屋とスタジオを綺麗にしながら、レッスン着に感謝をしながら洗濯物をする・・・というのは、やはり心が洗われるひと時です。

今日はそんなことを再確認していました。なぜなら、ここ数日、朝からレッスンが続いており、洗濯物を回すまでは出来るのですが、干す時間がなく。。。私は潔癖症とかではないのですが、脱水後、直ぐに干したい人間なので、母に干すのだけお願いをしていました。(脱水後、洗濯機の中に放置すると、洗濯物に菌が繁殖するらしいです)
そんなわけで今日は数日ぶりに、洗濯物を干せました。早朝の空気はとてもおいしく、その中で綺麗になった洗濯物を干していると気分上々。

海外では、外に干すのが違法の国もあったりして、ニュージーランドの一部の地域を省いては常に乾燥機での生活をしていました。
正直な話。その方が、時間もかからないですし、楽っちゃー楽なのです。日本に帰国後、洗濯物を干した時には「あー時間がもったいない!メンドクサーイ!」なんて思っていたのですが、そんな時間も、慣れてくると座禅のようなもの(笑)掃除や洗濯は、心を洗う時間だと感じます。

徳島県ダンス教室
(▲NZで山に登っている最中の写真)

さて、今年ラスト1ヶ月を切りました。
私はタスクの整理整頓をし、大掃除もスタートしたところです。
ダンスの方も、今年の振り返りと、来年の目標などをまとめています。

NLP資格取得のスクールで、そう言えば「今」を生きるヒト、と「計画的に生きるヒト」自分はどっち?
なんてセッションをしたことがありました。
私は・・・
病気になる前→100%計画的
病気になってから→100%今
みたいな生き方でした。
NLP学生時代は・・・
30%→計画的、70%→今
になっており、そう答えたのを覚えています。
今も、同じくらいか、少し今を生きる方が多くなっている気がします。

【NLPプラクティショナーの豆知識】
幸福を感じるのは、「今」でしかないので、計画的な脳だけで生きていると、幸福感を感じにくくなります。
幸せを感じやすい人は、「今」にフォーカスしている人です。
しかし、「今」だけに生きてしまうと、ご想像がつきますでしょう、、、気が付くと望んでいなかった未来を手に入れていることがあります。
簡単な例でいうと、目の前のことに必死に生きていたら、気が付いたら歳をとっていた(年月が経っていた)みたいな。

なので、私は24時間のタイムマネジメント、月間計画表、年間スケジュールは大体つくっておきます。
その通りに事が全て動くことはありません。が、なーんとなく、ゆるっと「こうなったら良いなー」的な事を書いておきます。

ちなみに、ここ数年わたしが使っているスケジュール帳は同じ。毎年同じものを購入しています。
色も形もなーんにも変わらないので面白くないんですけど。中身のポテンシャルが凄すぎて、もう浮気が出来ません!
2023年の分は10月に手に入れており、今、新しい1年の計画をワクワクして書き込んでいます。

皆さんは、来年に向けた準備、何をしていますか?
私も貴方も、2023年に心地よくバトンタッチが出来ますよう☆